調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の試験ではまずは医療保険と薬の簡単な知識を得ます。調剤報酬明細書作成の知識も必要です。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の試験で学ぶこと

ドラッグストアで風邪薬を買うことがあります。千円だとすればもちろん千円を支払うことになります。では医師からの処方箋に基づいて薬を買った場合そのままの金額を支払うのかです。病院に行くと健康保険により治療費の負担が減らされます。3割しか負担しなくて良いのです。実は薬についても全額を負担するのではなく、一部のみで良いことになっています。調剤薬局では保険負担で渡すことになるので、計算が必要になってくるでしょう。

調剤薬局事務の試験を受験しようとするときどのようなことを学ぶかがあります。まずは医療保険について学びます。健康保険についてです。すべてを学ぶのではなく薬や医療の給付の部分なのでそれほど難しいことはありません。薬についても学びますが、薬剤師が必要としている知識などではありません。ごくごく基本的で小さいことになります。仕事をしていけば細かい知識も得られると思いますが、試験そのものはそれほど高度な知識は必要としません。

大事なこととしては、調剤報酬明細書の作成方法になります。こちらは医療事務などを経験しているとわかりやすいかもしれません。経験がなくてもある程度のフォーマットを覚えることで知識を得ることができます。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.