調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の試験においては暗記を行うかどうかがあります。レセプトを作成しながらなので暗記はありません。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の試験は暗記で行うのか

学校の定期テストなどにおいては暗記で対応するものがありました。歴史などは年号や場所を知っておく必要があったので暗記をしていましたし、英語も英単語の暗記が必要でした。資格試験になると試験によって様子が変わります。司法試験などにおいては暗記ではとても対応できない知識が必要とされます。理解力などが必要になるのでしょう。一方でパターン化されているような試験もあり、それらは暗記をすることで合格が狙える場合があります。

調剤薬局事務の試験について、ある講座においては合格率が90パーセント近いとありました。となるとほとんどの人が合格していることになります。そのような講座なら受けてみたいと思ったのですが、あまり暗記をするのは得意ではありません。思ったように合格することができるかです。そちらの講座においては、暗記中心のテキストや授業の進め方ではないとされます。実践的にレセプトを作成、知識が得られるようになっているそうです。

試験に関しても実際にレセプトを作成する部分が中心になります。覚えることも必要ですが、暗記によってではなく実際に手で作業をしながら楽しみながら勉強ができます。暗記が苦手な人でも合格することができるのです。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.