調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の仕事は、患者さんへの応対と保険料の請求業務に分かれ、医療保険の知識と業務の正確さが求められます。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の仕事内容とは

調剤薬局事務とはどのような仕事をするのでしょうか。仕事場となるのは、調剤薬局の事務部門です。基本の業務である受付・接客の流れとしては、最初に処方せんを持って来局する患者さんの応対をします。来局が初めてかどうかや処方せんの有効期限などを確認し、初来局の患者さんに対しては、個人情報や病歴、薬の服用歴などについてアンケートの記入を依頼して収集します。次に処方せんを薬剤師に渡し、調剤が行われたら、その処方せんをもとに処方内容をコンピューターに入力していきます。入力されたものを「調剤録」と呼び、処方せんとともに3年間は保管しなければなりません。この「調剤録」と共に過去の薬歴データ等を入力する「薬歴簿」の作成、管理も大切な仕事です。

そして最後に、処方内容に従って調剤報酬を算定し、患者さんへの自己負担額の請求を行います。この会計処理後には、調剤費や薬代などを保険者に請求するために、保険者へ提出する書類の作成業務を行います。いわゆるレセプト作成業務と呼ばれるもので、提出期限に間に合うように、迅速かつ正確に行う必要があります。このように接客業務と書類作成業務の両方を同時並行で行わなければいけないので医療保険の知識と機敏さが必要です。大変な面もありますが経験を重ねていけば、任される責任も大きくなり、やりがいを感じられるでしょう。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.