調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務は医療事務の仕事から派生したもので、事務能力の他に、コミュニケーション能力や保険の知識が必要です。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の成り立ちとその仕事内容

調剤薬局事務は医療事務から派生した職業です。そもそもひと昔前までは、病院で診察を受けた後で、医者から服用を指示された薬というものは病院の受付でもらうのが普通でした。ところが、高齢化社会の影響で病院を訪れる患者の数が増えたために薬をもらうための待ち時間が極端に長くなってしまったのです。その問題を解決するために生まれたのが医薬分業という考え方です。これは要するに医者が指定した薬を、調剤薬局で受け取るというもので、今まで病院がやっていた薬局の要素を完全に分離するというものです。そのため、今度は薬局側の負担が増え、新たな仕事を専門に行う人材が必要となりました。それが調剤薬局事務の始まりです。

仕事の内容は薬局で行う医療事務だと考えていただければ分かりやすいかもしれません。薬局を訪れた患者の応対をし、初診の患者の場合は問診票に記載してもらってアレルギーの有無などを確認します。また、患者に薬の使用上の注意などを説明するのも大事な仕事です。事務と言いながら接客的な面は多く、コミュニケーション能力が問われる仕事でもあります。また、事務職としての仕事は処方箋の入力やデータ管理、患者の薬歴のリスト作成などがあります。さらに医療保険に絡んだ会計もこの仕事の大きな部分を占めるので保険の知識は必要不可欠と言えます。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.