調剤薬局事務は資格がなくてもいい

以前20代後半に勤めていた調剤薬局事務について色々な経験をしたことを思い出しながら書きます。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の経験について

当時資格という資格はありませんでしたが、その調剤薬局に勤める前にドラッグストアでアルバイトをしていたので、その経験が買われたのか面接に行った調剤薬局にすぐ採用されました。ドラッグストアといっても食料品や酒類、雑貨など広範囲の商品を販売しているところだったので、調剤薬局の仕事がどういうものなのかわかりませんでした。いざ入ってみるとそこの薬局は老人施設に薬を届けに行ったりと外回りが多く一日中車で走り回っていることが多かったです。

薬局内での仕事は医療事務では中心的な仕事のレセプトでした。昔は全て手書きでやっていたことらしいのですが、今はレセコンと言ってコンピューターで全てレセプトができてしまうのです。その仕事理解できるようになると、転職した際も他の職場で役に立つらしいのです。今まで経験のなかった私にはかなり覚えるのが大変でしたが、少しできるようになるとやりがいがあってとても楽しくなりました。

そのほか調剤薬局事務の仕事は、病院で処方される処方箋などの管理がありましたが、それもまた医療保険の種類を覚えないとできないことで、これも他の病院にいっても共通する仕事です。覚えるのには大変でしたが、仕事の視野が広がっていい勉強ができたと思います。その後転職してやはり同じ医療系に就職しましたが、その経験が役に立って仕事がスムーズに進みました。できないことも進んでやってみるものだなと思いました。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.