調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務になるためには特別な資格はいりませんが、知っていると仕事が楽に進められるでしょう。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の資格について。

調剤薬局事務というと、資格が必要と思われる人もいるかもしれません。しかし、特別な資格は何もいらないのです。求人票などを見ても調剤薬局事務に関する資格については触れられていないことが大半です。通信教育などもありますが、実践で学ぶのがやはり一番わかりやすいです。ただし、基礎知識として頭に入っているほうが仕事を覚えるスピードが格段に違ってきますから、資格が必要ないと言っても、通信教育などである程度勉強しておくとスムーズに進めることができるでしょう。そういった意味で、資格がなければいけないという仕事ではありせんが、まったく何もわからない人よりは採用時に優遇される可能性は高くなるかもしれませんので、資格取得に向けて勉強してみるのもいいでしょう。

調剤薬局は規模の小さな店舗が大半ですから、事務だけをやっていればいいというわけではありません。言わばなんでもできる便利屋さんのように、薬剤師の手伝いや薬品や事務用品の受注発注、清掃、患者さんへの気遣いなどいろんな面に気配りしておく必要があります。椅子に座って一日過ごすということはあまりないかもしれません。そういった意味では、ある程度体力も必要になります。実践で覚えていく仕事のほうが多いので、資格取得は基礎知識をつけるためのものと捉えるくらいでいいでしょう。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.