調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の勉強内容は、主に各薬の点数と、保険証にも番号があり、それにも点数があるのでそれを足して計算する

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の勉強内容は医療事務と変わらない

調剤薬局事務に憧れて資格を取ろうと思い、本業をやりながら通信で資格取得を目指していました。予約して教材が届いて7万円の教材費を振り込みました。7万か、高いな〜と思いましたが、まあまあこれで資格取得して働ければこんなの安いもんだ!と思うようにして勉強に励みました。始めは文章問題で基礎の病院がわとお客様の関係性から入り、接客の事なども書かれていて楽勝と思わせる感じでした。で次からは、ずっと数学の問題でした。薬にたいしての点数や、保険証の番号の意味と点数などの表があるのでそれを見ながら入力してくというのでこれもまあまあ出来ました。

レセプト用紙(患者様がお会計の際にもらう領収書のもう1枚の紙の方にそれぞれの点数が書かれている用紙)にそれぞれの点数を入力していき、その日のお会計の金額が出るというものです。点数の表を見ながらやるのですが、薬の種類は100種類を越えていますので、探すのも大変でした。色々な計算が本当に難しくて少し挫折した気持ちになりました。6ヶ月後に全ての教材の中身の勉強を終えて定期的に行われているテストも在宅でできるのですが、失敗してしまいました。1回5000円です。何回やってもかまわないです。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.