調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務という資格は女性にとって人気の資格です。主な仕事は処方箋の入力作業です。この作業は重要な仕事です。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の仕事内容とは

調剤薬局事務の資格は女性にとって、人気の資格となっています。事務の仕事だから座ってパソコンを操作するだけで楽だと思っている人が多いでしょう。しかし、薬局での事務の仕事はパソコン作業だけでなく、多岐にわたります。薬を調剤したり、処方箋の内容が正しいか判断したり、患者さんに薬を渡すのは薬剤師の仕事ですが、その他の薬局の業務は事務でも行うことが多く、事務が中心となって行います。

薬局の事務の仕事で一番大切なのは処方箋の入力です。処方箋の内容を正しく入力し、お薬代を計算する作業です。多くの薬局ではこの入力が、薬の袋や説明書にも反映されます。そのため、とても重要な仕事です。間違ってしまうと、お薬代の計算が間違ってしまうのはもちろんですが、薬や飲み方を誤って患者さんに伝えてしまう可能性があります。入力という仕事は責任があるとても重要な仕事です。その他にも、患者さんの対応、会計、レセプトの請求、薬局の清掃、レジの締め作業などさまざまな仕事をします。薬剤師の補助的な仕事をする場合もあります。

思ったよりも大変だし、責任が重い仕事です。しかし、その分やりがいも感じられるし、患者さんからあとがとうを感謝されることもあります。医療関係の仕事に就きたい人にはお勧めです。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.