調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務にはどのような仕事があるのか、どんな気持ちで仕事をすればいいかについて書いています。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の仕事について。

調剤薬局事務の仕事にはどのようなことがあるのでしょうか。一見簡単で誰にでもできるように見えますが、ちょっとしたコツが必要なこともあります。まず一番大切な仕事は診療報酬の請求です。患者さんの情報や調剤内容などミスなくしっかり記載し、請求書を出さなければ薬局の収入が減ってしまいます。ミスがあれば訂正して再請求できますが、その分の報酬は後回しになってしまうのでしっかりと確認作業をしながら日々の仕事を進めていきます。次に、調剤薬局事務の仕事は患者さんとの対応です。受付業務、電話、時には世間話をしたりなど、自分は薬局の顔と心得て常に笑顔を心がけ、明るく接することが求められます。

薬剤師に対しても同様で、できることは先回りして手伝ったり、忙しいときには補助にまわるなど、薬局内の状況に応じて自分で判断をして動くことが必要です。薬剤師にしかできない仕事以外は、手が空いていれば積極的に手伝うようにすると喜ばれます。また、その他雑用の仕事もあります。たとえば患者さんに提供するためのお茶を入れたり、薬局内外の清掃、状況によっては仕入れた薬品の検品作業、仕事に必要な物品の管理など任されたり、調剤薬局事務の仕事は多岐に渡ります。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.