調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務になるのはなかなか難しいですが、求人があったときにしっかり自分をアピールしましょう。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務になるにはどうすればいいかについて。

調剤薬局事務にはどうやってなればいいのでしょうか。実は案外求人情報が少ないものなのです。事務仕事は人気が高いですし、規模の小さい薬局は事務が一人だったりと、なかなか欠員が出ないのが現状です。もし求人を見つけたらやるべきことですが、調剤薬局事務に特別な資格はありませんから、面接を楽しむつもりで、自分らしさを伝えるのがいいでしょう。薬剤師や他の事務、患者さんなど、事務と名がついていますが接客業に近いです。ただパソコンに向かって事務作業をしていればいいのとはわけが違って、簡単そうに見えるかもしれませんが、一日中動き回っていることも少なくありません。薬剤師が仕事をしやすいようにサポートしたり、患者さんの待ち時間を少なくするために作業を手早く済ませたり、時には話し相手になってあげたり、掃除などの事務仕事以外のことも多いと心得ておきましょう。

必ず気持ちは伝わるものですから、一生懸命がんばりたい、やってみたいという気持ちで面接に望めば、面接の間に感触で採用不採用がわかるはずです。たとえ経験者優遇と書かれていても、臆することなく挑戦してみることです。特別な資格などいらないのですから、実務の中でしっかりと身に着けていけばいいだけです。一番大切なのは薬局の顔であると自覚し、また縁の下の力持ちのように薬局全体、みんなが仕事をしやすいようにさりげなく動くことが求められています。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.