調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務は就きたい仕事の上位にも挙げられているのを目にしますが実際の所を考えてみます。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務は就きたい仕事の上位に見かけます。

調剤薬局事務は、レセコンが発達する前は薬の値段、薬価を覚えていて直ぐに計算が出来たりということもあったようですが、現在はレセコンの発達と共に、計算はコンピューターがしてくれて、入力するのは処方箋に書かれている薬の個数だけだったり、もしくはバーコード式の処方箋になると事務員がするのは主に確認のみというようなこともあります。

そういった所を考えると、働いている場所が薬局と言うことだけで他の会社の事務員と何らかわりないのかもしれません。むしろ安定しているし、場合によっては楽に感じて、就きたい仕事の上位にも挙げられるのかもしれません。

ですが、やはり薬と言った場合によっては患者さんの命にも関わるものを扱う場所にいるのですから、薬や病気に対する知識も多少は持っていた方がより重宝されると思いますし、また病気の方を元気にするようなバイタリティーもあった方が訪れた人にとっては嬉しいのではないでしょうか。最近は、通信の資格としてもハローワークの養成講座等でも受講することが出来るようですが、資格だけで採用されるものではないようで、薬局によっても仕事内容の枠も違いますし、勤めてみて合うか合わないかということもありそうです。また雇用者側としては、吸収して行くやる気と柔軟さも求めていることも多いように思います。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.