調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務は薬局の顔と言っても過言ではありません。不快な思いをさせずに対応できる丁寧な言葉遣いも必要です。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

薬局の顔でもある調剤薬局事務という仕事

調剤薬局事務とは、病院で薬の処方箋をもらってきた患者さんから処方箋を受け取ったり、薬剤師が調合した薬を渡したりする仕事です。医薬品を扱う仕事であり、薬の知識を得ておく必要があります。また、患者へ不快な思いをさせずに対応できる言葉づかいなど、丁寧な対応が必要です。薬局の掃除などもしなければいけません。またパソコンを使ってデータを入力するのでパソコンに慣れておく必要もあります。私の友人は、調剤薬局事務として働いていますが資格は持っていません。未経験や、資格が無くても働ける職業ですが、資格を取ることでより就職しやすくなったり、豊富な知識を得ることができ自信にもつながります。資格は、通信講座で取得することもできます。

調剤薬局の顔でもあり、その調剤薬局が良い印象を与えるかどうかは事務の人によると言っても過言ではありません。病院へ行き、不安な気持ちや沈んだ気持ちで調剤薬局を訪れる人も多くいます。そういう時に、優しく接してくれる事務の人であれば、心も落ち着いてきます。患者の気持ちに寄り添える優しい人が向いている仕事でもあります。高齢化社会になり、ますます病院を受診する人は増えています。新しい病院や、調剤薬局も増えてきています。同時に、調剤薬局事務の人も、多く必要とされています。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.