調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務で働き、資格なしでしたが、仕事をしてました。やめてから、再就職は大変そうだと感じてます。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務で働いて感じた事

調剤薬局事務を15年間していました。薬剤師が8名、事務が6名働く薬局でした。多い時は、一日300件で平均200件ほどの処方箋を受けていました。私は、調剤薬局事務の資格は持っていませんが、入社当時、処方箋計算を憶えました。仕事内容は、患者さんの処方箋を受付けし、会計の計算の為に、コンピューター入力をして、会計をする。あとは、調剤録の出し入れや、雑用、月末月初の保険請求業務や、証明書の作成などです。資格よりは、経験の方が必要な仕事だとおもいますが、再就職を考えると、資格を持つ方が良いと思います。私の勤めていた薬局は、総合病院からの処方箋が主だったので、病院のドクター次第のようなところがあり、人気のあるドクターが辞めたりすると患者数が激減しました。また、ライバル店がないこともあり、待ち時間が長くても患者さんが来ていたこともあり、サービスが悪かったと思います。

最終的に、病院の人気がなくなり、薬局も売り上げが落ち、薬局は閉店する事になりました。自分が患者になり、調剤薬局を利用すると、小さい薬局が多く、事務の人数もあまりいないようだし、どこの薬局へ行ってもサービスが良いと感じるので、調剤事務の再就職の大変さがよくわかりました。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.