調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務は主として薬局でレセプトの作成を行なう仕事で、資格試験は年齢性別に関係なく受験できます。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の資格と仕事内容

調剤薬局事務は医療事務と似ていて、どちらもレセプトの作成が主な仕事になります。ただし医療事務が病院や診療所で働くのに対して、調剤薬局事務の仕事場は薬局です。これは医薬分業の考え方から来ています。すなわち病院や診療所が診断し、薬局が薬を処方するというシステムです。そのため必要とされる知識の範囲も、医療事務では手術や入院などを含むのに対し、調剤薬局事務では薬剤が中心になります。

調剤薬局事務の仕事に就くには、調剤事務管理士の資格があれば有利になります。この試験は年齢や学歴に関係なく、誰でも受験することができます。合格率は6割ほどで、少しの余暇があれば勉強できるため、各種学校や通信教育でも人気の講座になっています。この資格がなくても調剤薬局で働いている人はいますが、資格も経験もなしに就職するのは難しいでしょう。

仕事の中心はレセプトの作成ですが、多くの場合は患者さんの応対なども任されます。そのため接客スキルが必要になる場合もあります。調剤薬局で処理される処方箋の数は年々増えており、今後も安定した雇用が見込まれます。薬局は全国どこにでもあり、働く時間も選びやすい点が、調剤薬局事務のメリットと言えます。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.