調剤薬局事務は資格がなくてもいい

専門学校卒業後、調剤薬局事務を経験の仕事をはじめました。ほとんど残業もなく楽しく仕事ができました。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務で働いてみて

高校を卒業後、医療事務の専門学校に入りました。なぜこの学校に入ったのかというと、病院はどこにでもあり、なくなることもほとんどなく、安定していて結婚した後も働けると思ったからです。また、医療事務の資格があると、病院・クリニック・歯医者さんだけではなく、調剤薬局事務としても働けます。

薬局は病院があるところに必ずと言ってよいほどあるので、その分就職率もあがります。私は専門学校を卒業したあと、調剤薬局で働いていました。主な仕事は、患者さんの保険や処方箋情報の入力、レセプト、薬の在庫などの点検でした。休日もしっかり休めるし、休日出勤などもなく環境はよかったです。

残業もほとんどなく、たまにある残業は月1回のレセプト(診療報酬明細書)をだし、チェックする事です。これは薬剤師さんも手伝ってくれていたので、助かってました。病院や薬局というのは、休みがきちんとしている、年末年始など長期でとれるのでその分旅行にいけたり、趣味の時間に使えるので楽しかったです。医療事務でしたが、色んな患者さんが見えるので、薬の知識もつきました。職場は結婚している人も多くて、私も結婚をして、子供ができても子供が落ち着いてからまた復帰したいと思いました。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.