調剤薬局事務は資格がなくてもいい

処方薬を受け取るのに調剤薬局事務の人がいる薬局に行くと、薬の受け取りに要する時間が短縮されます。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

処方薬の受け取りは調剤薬局事務の人がいる所へ

最近はすっかり医薬分業が定着し、医療機関を受診しても、そこでお薬を出してくれるところはほとんどありません。たまに、お薬何日分ですと渡されると、えっ、お薬くれるのと驚いてしまうほどですので、医療と薬の受け取りは別という意識がいかにしっかり確立されたかに、自分でも驚きます。とはいえ、本当のことを言えば風邪を引いたりしてしんどいとき、その場で薬がもらえるとありがたいのが本音です。ただ、調剤薬局がたくさんでき、薬剤師の活躍の場が増えたこととともに、そこでの事務の仕事をする人材が必要になったことは、社会的に見てメリットが多そうに思えます。

近所のドラッグストアで調剤してもらうのですが、そこでは事務仕事をする調剤薬局事務の担当者がいます。これまでは薬剤師が事務も担当していたことから、非常に薬の受け取りに時間がかかっていたのですが、事務を専門に担当する人が常駐するようになってから、受取時間が短縮されました。調剤薬の事務について専門に勉強し、民間資格ではあるものの資格保持者がやっているため、その仕事ぶりはてきぱきしており、見ていて気分がよくなります。医療事務に比べ、薬に特化されているだけに学ぶ範囲も狭まりそうで、私自身も勉強してみたい気になってきます。

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.