調剤薬局事務は資格がなくてもいい

医療事務経験者からすると、薬剤に限って勉強して資格を取る調剤薬局事務資格は、とっつきやすそうに思えます。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務の資格取得は

院外処方がすっかり定着した今の医療においては、これまで以上に調剤薬局の果たすべき役割が重くなったと言っていいと思います。また、ドラッグストアでも調剤薬局コーナーを設けているところが増えましたので、ここでも調剤薬局に携われる人材が必要不可欠になったといえるでしょう。その筆頭はもちろん薬剤師ですが、薬剤師が薬の調剤にこれまでよりも忙しくなった分、事務仕事を完璧に行い、薬剤師に薬の調剤に専念させてあげる時間をとることが大切です。そのためのスキルの目安となるのが、調剤薬局事務資格です。

こうした資格ができたのは、まだ数年前くらいだと記憶していて、初めて聞いたときには、薬の調剤に特化した事務資格ができたのかと、ちょっと感心し、また興味も持って気に留めたことを覚えています。医療事務資格を持っている私にとって、医療全般及び薬剤に関する点数計算についての理解はかなり大変でしたが、これを薬剤に特化するのであれば、かなり楽になったと感じられると思います。医療事務資格を取るために勉強したことがなければ、薬剤についての知識が皆無の状態で勉強をはじめるため、資格を取るには4か月が必要と言われます。けれど、範囲が狭いだけに、学習は順調に進むのではないでしょうか。

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.