調剤薬局事務は資格がなくてもいい

最初に勉強するのを選択するのなら、医療事務資格よりも調剤薬局事務資格を優先させる理由があります。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

先に調剤薬局事務資格を選択する理由は

もし、これから医療に関する事務資格を取りたいと思っているのなら、医療事務資格よりも、調剤薬局事務資格を先に取る方が、勉強に挫折せずに済むと思います。私は医療事務資格を持っていますが、通信講座で学んだため、最初はテキストを開いてもちんぷんかんぷんでした。医療行為全般に対してそれぞれに点数をつけることや、カルテの読み取り方など、学ぶべきことがいっぱいあり、しかもどれもこれも初めて聞く名前、初めて知る病名などで、頭が混乱してしまいました。正直言って投げ出したいと思ったものの、高い教材費を無駄にするわけにはいかないと、最後まで頑張りました。

それを考えると、薬剤だけに特化して勉強をすればいいだけに、調剤薬局事務資格の方が学習する範囲が狭まり、挫折する危険性も低くなります。もちろん、薬についてはより深く掘り下げて勉強しなくてはならないでしょうし、今は院外処方になり、これまでよりも細かく定められた要項が増えていると思われます。それでも、医療全般に加えて薬のことも勉強するのに比べれば、やはり楽なのは間違いないでしょう。調剤薬局事務資格を取り、薬についてはしっかり理解できたという土台を作ってから医療事務の資格のW取得を目指すと、完璧かもしれません。

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.