調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務資格というものができたことにより、医療全般よりも薬限定で仕事ができるようになりました。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務資格取得で薬限定に

調剤薬局事務資格というものができたのは、そもそもは医薬分業が進んだからだと思われます。医療は医療、薬は薬という区分が明確になったことにより、それぞれの仕事に専念しやすい環境が整いました。これにより、かつては薬についても医療事務スタッフが事務処理をしていましたが、薬のことだけに専念する事務スタッフが必要とされ、こうした新しい資格が生まれてきたと言えます。実際、医療と薬を切り離してしまうというのは、高齢化に伴い、医療機関を受診するお年寄りの数が増えてきたことも無関係ではありません。これまでよりも診察を受ける人が増えるとなれば、薬を渡すにも時間がかかります。

医療は医療、薬は薬とし、それぞれがどんどん進めていけば、間違いなく時間は短縮され、たくさんの人が医療機関を受診しても大丈夫になります。そのためには、薬についての事務仕事を専門にできる人の養成は、急務だったのではないでしょうか。また、医療事務資格を持って仕事に就いていた人なら、この新しくできた資格にも興味を持ったことでしょう。医療全般の事務よりも、薬だけに絞って働いた方がラクと言っては語弊がありますが、そういう面は確かにあるのではと思われます。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.