調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務は、人気がある職種です。医薬分業が義務化されてから、薬局の数が増えているので需要が多い職種です。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務は、需要が増えている職種です。

調剤薬局事務は、女性に人気がある職種です。医療事務と並んで、女性が長く勤めることができるので、資格修得者が増えています。国の方針で、医薬分業が義務化されてから、調剤薬局事務の雇用も増えています。調剤薬局事務の仕事に就くには、調剤報酬請求事務技能検定試験に合格しなければなりません。試験と聞くと、猛勉強をしなくてはならないのかと心配ですが、この試験は、教材持ち込み可ですから、合格率も良好です。教材を買って独学でも良いのですが、通信や通学で学べるコースもあります。

調剤薬局事務の仕事は、多岐にわたりますが、大きく3つに分けられます。まず、処方箋の受け付けですが、患者さんの保険証を確認したり薬手帳の有無等を聞いていきます。次に、会計業務があります。患者さんの負担分の会計と、保険負担分の会計に分けられます。患者さん負担分は、窓口で会計をします。患者さんと直接接する仕事ですから丁寧な接客が大切です。保険負担分の会計は、患者さん毎に計算してレセプトを作成しますが、これを請求事務と言います。さらに、患者さんのデータをインプットしたり、患者さんの保険情報を管理したりする一般的な事務処理もします。いずれにしても、身につければ一生の資格になりますから、就職にとても有利です。

注目の情報

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.