調剤薬局事務は資格がなくてもいい

医療事務スタッフとして働くことと比べると、調剤薬局事務スタッフの方が働きやすそうに思えます。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務スタッフとして働くことは

メディカルクラークと呼ばれる医療事務資格を持っている人の多くは、大きな病院で働くことが多いと思います。一般の個人開業医の元では、医療事務資格を持っていることが、必ずしも雇用の必須条件ではないところも意外と多いからです。けれど、大きな病院の場合、医療事務経験者でないと採用しないと明記していますので、必ず資格を先にとる必要があります。実際に勉強してみて分かったのですが、医療行為全般に対して点数をつけるというのは、なかなか大変な作業です。また、点数をつけるだけでなく、大きな病院であれば患者さんを適切に案内するなど、人への応対能力も求められます。

そのため、資格取得を断念する人も案外多い医療事務に対し、比較的新しくできた調剤薬局事務資格の方が、勉強している途中で躓くリスクは少なくなり、さらには資格を活かして仕事にもつきやすいと言えます。大きな病院が苦手なら、街中の開業医のそばにある、小さめの調剤薬局で働くのがいいでしょう。医療事務の仕事とのお給料の差はどれくらいあるのかわかりませんが、習得した知識を活かし、ストレスを少なくしながら働くことができたら、多少のお給料の差は気にならなくなるのではと思います。

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.