調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務では事務仕事だけをすればいいわけではなく、患者さんや薬剤師と円滑な関係を築くことが大切です。

調剤薬局事務は資格がなくてもいい
調剤薬局事務は資格がなくてもいい

調剤薬局事務で心がけたいことについて。

調剤薬局事務は、ただ単に事務だけすればいいというわけではありません。掃除や在庫の管理などの雑務も仕事のひとつです。しかし、それ以上に大切なのが患者さんです。患者さんがいなければ薬局は成り立ちません。また、薬剤師との関係を円滑にしなければ仕事がやりづらくなってしまいます。縁の下の力持ちとしての心がけを持って働く気持ちが重要です。そのためにまず一番に行うべきは、挨拶です。患者さんが来たら笑顔で、しっかりを相手の顔を見て声をかけます。何か作業をしていても手を止めましょう。何か困っている様子がないか常に気を配り、たとえば足が悪い方であれば処方箋をこちらから取りに行くなどの気遣いをするといいでしょう。事務処理をしっかりすることももちろんですが、そういった患者さんの動きに注目をしておきます。

薬剤師にも同様に、何かできることがあれば先を見越して動く、こちらから声をかけて積極的に手伝う、やりやすいように気を配るなど意識します。言われてからやるのではなく、こちらから気づいて行うことが大切です。しかし、あくまで出過ぎないように、控えめに手伝うことです。調剤薬局事務は簡単そうに思われますが、小さな薬局内での仕事なのでたくさんやることがあり、小さいからこそ円滑に仕事を行うために、相手を気遣った行動をする必要があります。

Copyright (C)2017調剤薬局事務は資格がなくてもいい.All rights reserved.